残価設定ローンとは

会社別残価設定ローン1

会社別残価設定ローン2

会社別残価設定ローン3

会社別残価設定ローン4

会社別残価設定ローン5

会社別残価設定ローン6

会社別残価設定ローン7



マツダ(MAZDA)の残価設定ローンは「マツダスカイプラン」

マツダの残価設定ローンとは、通常の「残価設定ローン」という名称ではなく(日産なら残価クレジット、ホンダの場合は残クレなど各社呼び方に違いがあります)、「マツダスカイプラン」という商品名で呼ばれています。

各社ともに残価設定ローンの呼び方は違いがありますが、ローンの形式は基本的には同じと考えて問題ありません。

さて、このマツダの残価設定ローン「マツダスカイプラン」はどんなメリットやデメリットがあるのか。詳しく解説しましょう。

マツダスカイプランとは?

そもそもマツダの残価設定ローン「マツダスカイプラン」を簡単に説明いたしますと、前述したように基本的には通常の残価設定ローンのサービスと同じと考えていいでしょう。

通常のローンでは、総額の全額を月々に分割して支払っていくのに対し、この「マツダスカイプラン」は、車両本体価格から将来の価値(残価額)を最終回に据え置いて支払うことで、月々のお支払い額を軽減できる残価設定ローン(残価設定クレジット)サービスとなっています。

マツダの残価設定ローン「マツダスカイプラン」【メリット1】

マツダスカイプランのメリットはなんといっても通常の残価設定ローンと同じく、月々のお支払いの負担が軽減できることにあります。

車両価格の一部をあらかじめ残価額として据え置き、残りの車両価格を月々分割して支払うことで、一般的な通常クレジットでお支払いいただくよりも、月々の負担が軽減できるという点にあります。

残価設定ローン(残価設定クレジット)サービス特有の、少ない資金でマツダの新車が購入できるという点は全く同じです。

マツダの残価設定ローン「マツダスカイプラン」【メリット2】

最終回の支払い方法が「新車代替」「最終回分割支払い」「最終回一括払い」「車両返却」という4の中から選択することが可能です。

こちらも通常の残価設定ローンと同じサービスではありますが、自分の状況にあった支払い方法を選択できるのはやはりありがたいことですよね。

マツダの残価設定ローン「マツダスカイプラン」【メリット3】

残価設定ローンにて車を買って数年後、中古車相場が残価を下回っても差額分を支払う必要がなく、3年後・5年後の残価(最終回支払い額)も安心できるシステムになっています。

マツダの残価設定ローン「マツダスカイプラン」利用時の注意

通常の残価設定ローン(残価設定クレジット)サービスと同じく、再クレジットの分割払手数料率は、その時点での適用利率となりますので、この点はあらかじめご注意ください。

また、残価設定ローン(残価設定クレジット)という名称であっても通常のローンと同じく、審査があることをお忘れなく。

その他の注意点としては、車両を数年後に戻す際に、車両の状態がご契約時に定めた条件の範囲内にあることが前提となりますので、カスタマイズした場合や事故車に関しては適用されない場合がありますので、注意が必要となります。

残価設定ローンのルールをよく知ること

通常の残価設定ローン(残価設定クレジット)サービスと同じルールがあると認識しておけば問題ないでしょう。

マツダ(MAZDA)の車種一覧

アクセラ、アクセラスポーツ、アテンザスポーツ、アテンザスポーツワゴン、アテンザセダン、アンフィニMS−8、アンフィニMS−9、オートザムAZ−1、カペラ、カペラワゴン、キャロル、キャロル(オートザム)、クロノス、コスモ、コスモスポーツ、サバンナ、シャンテ、スクラム、スクラム(オートザム)、スクラムトラック、スクラムワゴン、スピアーノ、センティア、タイタンダッシュ、タイタントラック、デミオ、トリビュート、ビアンテ、ファミリア、ファミリアS−ワゴン、ファミリアバン、ブローニィトラック、ブローニィバン、プレマシー、プロシード、プロシードマービー、プロシードレバンテ、ベリーサ、ボンゴトラック、ボンゴバン、ボンゴフレンディ、ボンゴワゴン、ポーターキャブ、マツダスピードアクセラ、マツダスピードアテンザ、ミレーニア、ラピュタ、ランティス、ルーチェ、ロードスター、ロードスタークーペ、AZオフロード、AZワゴン、AZワゴンカスタムスタイル、CX−7、MPV、MPV(アンフィニ)、MX−6、RX−7、RX−7(アンフィニ)、RX−7(サバンナ)、RX−8、



PR





ページのトップへ戻る