残価設定ローンとは

会社別残価設定ローン1

会社別残価設定ローン2

会社別残価設定ローン3

会社別残価設定ローン4

会社別残価設定ローン5

会社別残価設定ローン6

会社別残価設定ローン7



ホンダ(本田・HONDA)の残価設定ローン

ホンダの残価設定ローン通称「残クレ」は、最近はCMでもたびたびこの「残クレ」という言葉を耳にする機会が増えてきました。

このホンダの「残クレ」もまた「残価設定ローン」「残価設定型クレジット」と意味は同じで、ローンの形自体も他社とは変わりはありません。

ホンダ「残クレ」の特徴をまとめてみました。 (ホンダのホームページより一部抜粋)

月々の支払いがラク

「残クレ」なら、一定額を最終回のお支払いに据え置くので、月々の負担が少なくなり、気軽に新車に乗ることができます。

まとまったお金がなくてもOK

「残クレ」なら、頭金がなくてもご契約いただけます。また、車検などの不意な出費にも備えられるため、計画的に車を購入することができます。

受付窓口が全国のHONDA CARSで便利

「残クレ」なら、Honda車ご購入の際にお申し込みいただければ、グループ会社のホンダファイナンスが、審査まで一貫した流れで行うので契約までがスムーズです。

ライフスタイルの変化に対応できる

どの残価設定ローンでも同じことが言えますが、ホンダの残クレも、あらかじめ選択した期間(3・4・5年)を乗り終えたら、その後は乗り続けるのも、乗り換えるのも自由に選べる他、一定の条件でクルマを返却すれば最終回のお支払いは不要となります。

ホンダの残クレをまとめると、、

結論としては、特徴の最後に書いた「一定の条件でクルマを返却すれば最終回のお支払いは不要」という部分がホンダの強みになるのではないでしょうか。

「最終回のお支払いは不要」だなんて、そんなに大した金額ではないと思われがちですが、この1回のサービスが案外助かったりするものです。

ホンダの残クレについて詳細を知りたいかたは、お近くのHONDA CARSで確認してみてください。

ホンダ(本田・HONDA)の車種一覧

アクティトラック、アクティバン、アコード、アコードCA、アコードクーペ、アコードツアラー、アコードワゴン、アスコット、アスコットイノーバ、アヴァンシア、インサイト、インスパイア、インスパイア(アコード)、インテグラ、インテグラSJ、エアウェイブ、エディックス、エリシオン、エリシオンプレステージ、エレメント、オデッセイ、オデッセイプレステージ、オルティア、オルティアP、オルティアV、キャパ、クロスロード、ザッツ、シティ、シティプロ、シビック、シビックGX、シビックカントリー、シビッククーペ、シビックシャトル、シビックハイブリッド、シビックフェリオ、ステップワゴン、ステップワゴンスパーダ、ストリート、ストリーム、セイバー、ゼスト、ゼストスパーク、トゥデイ、トゥデイアソシエ、トルネオ、ドマーニ、バモス、バモスホビオ、バモスホビオプロ、パートナー、ビート、ビガー、フィット、フィットアリア、フィットシャトル、フィットシャトルハイブリッド、フィットハイブリッド、フリード、フリードスパイク、プレリュード、モビリオ、モビリオスパイク、ライフ、ライフステップバン、ライフダンク、ラグレイト、レジェンド、レジェンドクーペ、ロゴ、CR−V、CR−X、CR−Xデルソル、CR−Z、HR−V、MDX、NIII360、N360、NSX、S−MX、S2000、S600、S800、Z、



PR





ページのトップへ戻る