残価設定ローンとは

会社別残価設定ローン1

会社別残価設定ローン2

会社別残価設定ローン3

会社別残価設定ローン4

会社別残価設定ローン5

会社別残価設定ローン6

会社別残価設定ローン7



残価設定ローンのメリット

残価設定ローンのメリットとは、

  • 毎月のローン返済額を抑える事ができる
  • 車の返却時に査定額が当初の残価を上回った場合、その差額が返金される
  • 残価が保証されている場合、下取り価格を気にせず車を購入できる
  • 多額の頭金が必要ない

などありますが、やはり最大のメリットと言えば「同じ予算でワンランク上の車に乗れる」ということではないでしょうか。

例えば、ホンダのオデッセイ、全国メーカー希望小売価格2,390,000円(消費税込み)の場合、 (頭金はなし、実質年率2.7%・60回払いでの計算)

初回お支払い月額:19,766円
2回目以降お支払い月額(×58回):18,900円
ボーナス月加算額(8月×5回):80,000円
ボーナス月加算額(1月×5回):80,000円

となり、最終的な支払い額は、

(1)新車に乗り換える場合:0円
(2)車両を返却する場合:0円
(3)乗り続ける場合:682,858円

となり、お支払い総額は、

(1)(2)の場合:1,915,967円
(3)の場合:2,598,824円

となり、本来であれば2,390,000円するホンダのオデッセイが、購入後5年間乗り続けたとしても 最終的に「(1)新車に乗り換える(2)車両を返却する」のどちらかを選べば、お支払い総額は1,915,967円となり、一括で購入するよりも47万円程度お得になるのです。

「車を買うなら新車がいい」そして「購入後5年経ったら新しい車に乗り換えたい」という人にはうってつけのローンになるのです。

無理をしないでも同じ予算でワンランク上の好きな車に乗れる。こんなメリットは残価設定ローンでしか実現できないものなのです。



PR





ページのトップへ戻る