残価設定ローンとは

会社別残価設定ローン1

会社別残価設定ローン2

会社別残価設定ローン3

会社別残価設定ローン4

会社別残価設定ローン5

会社別残価設定ローン6

会社別残価設定ローン7



アウディ(Audi)の残価設定ローン

アウディ(Audi)の残価設定ローンとは本当にお得なのか?徹底的に検証。解説いたします。

アウディ(Audi)で残価設定ローンを組むには?

憧れのアウディを前に、「毎月の支払いをあともう少し、減らせられるのならローンも可能なのだけど…」と悔しい思いをされたことはないでしょうか。

値のはる人気の外車は、ローンを組めたとしても月々の支払額はかになりの高額になることを覚悟しなければなりませんから、少しでも負担が軽くなれば、それにこしたことはありません。そこで、最近注目されているのが、残価設定型のローン

これは、車の購入時に、3年後の下取り価格を残価として据え置き、その額を差し引いた金額で毎月のローンを組むという新しいローンのスタイル。

残価として据え置かれた分は、ローン終了時に一括または再ローンを組んで支払うか、あるいは車を手放して新しい車に乗り換えるか、という選択ができます。

すなわち、残価分をどうするかは3年後まで先延ばしにできるというわけで、月々の支払い対象となるのは残価を差し引いた額なので、毎月の支払いはグンと低くなるわけです。

アウディ(Audi)の残価設定ローン「アウディSローン(ソリューションズローン)」

この残価設定型ローン、アウディの場合は「アウディSローン(ソリューションズローン)」という名称で設定されています。「アウディSローン」は支払い回数は1年から6年まで自由に設定できますが、支払い回数すなわち据え置き期間によって、残価設定額率が大きく変わってきます。

たとえば1年だと残価は60%なのに対し、最長の5年だと20%ほどに下がってしまいます。

しかし、通常のローンを組むよりは月々の支出が抑えられるので、ゆとりをもってアウディのオーナーになることが可能になります。

また、支払額が少なくなることで、装備のグレードアップも図れますから、自分のライフスタイルにあわせて上手に活用したいものです。

アウディ(Audi)の車種一覧

100、80、90、A1、A3、A4、A4アバント、A4カブリオレ、A5、A5カブリオレ、A5スポーツバック、A6、A6アバント、A6オールロードクワトロ、A8、Q5、Q7、R8、R8スパイダー、RS4、RS4アバント、RS5、RS6、RS6アバント、S3、S4、S4アバント、S5、S6、S6アバント、S8、TTRSクーペ、TTSクーペ、TTクーペ、TTロードスター、オールロードクワトロ



PR





ページのトップへ戻る