残価設定ローンとは

会社別残価設定ローン1

会社別残価設定ローン2

会社別残価設定ローン3

会社別残価設定ローン4

会社別残価設定ローン5

会社別残価設定ローン6

会社別残価設定ローン7



残価設定ローンの審査基準を解説

残価設定型ローン」は、月々の支払い負担が軽減されることで人気を集めているローン。

車体価格の一部を据え置き、その額を車体金額から差し引いた金額でローンを設定するため、ひと月あたりの支払い額が安く抑えられるというしくみです。

残価設定タイプのローンでも通常タイプのローンでも、審査基準の基本的な目安は変わりませんが、残価設定タイプのローンは利用する側にとってメリットも大きい分、審査基準もそれなりに厳しいといえます。

残価設定ローンに審査落ちしないために

他社からの借り入れ額が多い、過去に返済トラブルかせある場合、勤め先の勤続年数が短い場合、前年度の収入が低い場合などは一般的に審査落ちするケースが多いのですが、キャッシング機能つきのクレジットカードを多数所持している場合なども審査に通る確率が少なくなってくるようです。

実際にキャッシング歴がまったくない場合でも、キャッシングできる状態にある、キャッシングの可能性があるというだけで、審査落ちしてしまうわけです。

使っていないクレジットカードは解約しておく!

審査に通りやすくするポイントとしては、使っていないクレジットカードは解約しておくことをおすすめします。どうしても必要ならば、いったん解約しておいて、ローン審査が無事に通ってからあらためてカードを作り直すという方法もあります。

頭金は多いにこしたことはない!

また、資金に余裕があれば、頭金を高めに設定するのも審査に有利になります。社会的地位のある人、信用のおける人物を保証人としてたてるのも、審査を通りやすくするためには比較的有利な方法といえます。



PR





ページのトップへ戻る