残価設定ローンとは

会社別残価設定ローン1

会社別残価設定ローン2

会社別残価設定ローン3

会社別残価設定ローン4

会社別残価設定ローン5

会社別残価設定ローン6

会社別残価設定ローン7



残価設定ローンとは

残価設定ローンとは、新車を購入し、一定期間使用したあとに売却することを前提に組む新しいローンのことをいいます。

購入した車の使用後の査定額をあらかじめ設定しておき、それを新車購入価格から差し引いた額を元にローンを組む、ということになります。

例えば、車両代金350万円の車を残価設定ローン契約をしたとしましょう。

3年後の車の買い取り価格(残価)が150万円だという設定になっていた場合、車両代金350万円から3年後の車の買い取り価格(残価)150万円を差し引いた金額は200万円になります。この200万円を月々分割で支払っていくということが残価設定ローンの特徴といえます。

残りの200万円を月々分割で支払うということは金利がないのか?と思われる方もいらっしゃるかたと思いますが、残価設定ローンというだけあって、もちろん金利もプラスされます。(金利はローン会社によって異なりますので詳細は契約会社の金利情報をご確認ください)

しかし、新車の購入価格である350万円のローンを組むよりも、残価分の200万円のローンを組んだ方が、月々の負担を軽減できるだけではなく、ワンランクもツーランクも上の車を買えたりと、選択肢が増え、通常のローンだと手が届かないようなクラスの車であっても、毎月の負担を軽減しつつ自分の車として利用する事ができるようになるのです。

また、車を買う余裕がない方や、新車購入後3年に一回は乗り換えているという方にはたいへんメリットのある新しいローンの形であるといえます。



PR





ページのトップへ戻る